小松の古民家再生


築100年近い古民家再生です。
玄関からのオエの間が暗いので、断熱サッシをいれて、光りと風を入れて、お客様の間になりました。
トイレはお客様用と寝室前に2か所つくり、将来に備えています。

トイレは明るくお掃除やメンテナンスし易さを第一にデザインされています。

腰には汚れが付きにくいパネルを設置しています。
トイレ前と奥の書斎です。
前からあったアンティークチェストと開き扉を引戸に改修しています。

トイレドアの明り取りはなぜかミッキーになっていますね(^.^)



縁側は物置場になっていたのですが、お茶室につながる廊下として、畳廊下にして、サッシを樹脂サッシにしています。

Low-Eガラスでと欄間と腰壁をつくり、日差しを少し和らげています。


寝室前のトイレです。
シンプルトイレです。
TOTOさんとパナソニックさん
どちらのトイレがよいでしょうか(^.^)





コメントを残す