Easy house212  new order house完成です


Easy house212が完成いたしました。

一品にこだわりを持つお客様と丁寧に打合せを重ね、設計期間6か月 施工期間6か月合わせて1年かかりました。

夢であった薪ストーブも無事設置完了して、後は火入れ式を行うを心待ちにされています。

薪ストーブはヨツールF305

モダンで今風の腰高で、容量もクラシックタイプより小さいのですが、トリプルサッシ、羊毛ウールで高性能な住まいですので、薪ストープの性能面では十分です。
壁と床はフランクロイドライトが愛した大谷石です。
大谷石でも厳選されて意思であることはお分かりになりますでしょうか。




照明はルイスポールセンPH5です。
LEDになっても光のグラデーションがいい感じです。
ただ、電球のように光の広がりがないので、補助ライトをお勧めしています。

ダイニングテーブルは北欧のビンテージ家具です。
靴の生活に合わせているために、少しテーブル面が高いのですが、チークの突板はいい感じですね。

椅子はYチェアーです。
ハンス・J・ウェグナーの作品でデンマーク生まれの名作ですね。

EASYHOUSE R212 COMING SOON


A様のこだわりの住まいが完成しました。
一品ごとに思い入れがあり、一つひとつこだわりながらセレクトしていただきました。

洗面所は造作

キッチンはかなり悩まれましたが、トクラスさんの人工大理石のカウンターにされました。

決め手はブラックの天板です。

薪ストーブは
ヨツール F305です

クラシックスタイルも魅力ですが、最近の断熱性のであれば、F305でも薪ストーブのスペックは十分です。

薪ストーブの後ろには洗濯干し場につながるスリットドアが設置されています。

2階の洗面兼用のキッチンです。

サンワカンパニーのセカンドキッチンです。








『薪ストーブのある家』12月14日(月)~12月18日(金)完成見学会を開催致します!

お引渡し前の住宅を見学できるこの機会に、ぜひ「観田創建の家づくり」をご体感下さい。

経年変化 経年美






新築から1年半
杉の天井板がとっても良い色に日焼けしました。
重厚感がでました。
わずか1年半でこのような経年美が楽しめるのは、天井面に柿渋を塗布しています。

柿渋は塗った当初は水のようにわからないのですが、数年で自然な色合いに変色してくれるのです。

防水防腐効果もあり、和傘によく使われています。

住むほどに味わい深くなる住まい!!
素敵です。





快適な照明が心をいやしてくれる


ここ数年でLEDに変わったことで、照明計画が劇的に変化しています。

ルイスポールセン
PH3/2
トルボー
AJウォール 
Yuhフロア


特に、LEDの環境性能や光熱費が安く済むことは魅力的ですが、その代わりに心や安らぐ光の広がりやグラデーションや光温かみがなくなってしまっています。

お部屋に快適性を求めるならば照明の配置やデザインがとても大切になってきています。
このリビングダイニングの快適性を創り出している一つが光のグラデーションと広がりではないでしょうか。

心がいやされると、仕事も勉強も頑張れちゃうかもしれませんね。






過去のブログへ