玄関のお話

 どのような玄関がよいかも設計するうえで大変に
 難しいものの一つです。

 玄関で生活するものではありませんし、
 外国の住まいの玄関は至ってシンプルです。

 日本の玄関はその住まいを表すといわれているように、
 外国とは違い、履物を脱ぐ機能、お客様を迎える
 また、その家族の自己表現の場所でもあるのでは
 ないでしょうか。

 その上で最近ではその役割を空間で分けて、来客用の
 場所としての玄関と家族が靴を脱いで収納する機能を
 分けて、奥様の負担を軽減する玄関も増えてきました。

 いわゆる家族玄関です。

コートヤード

街中で自然を感じながら暮らすためには立地によってですが、プライバシーがとても重要になってきます。

ガラス張りのリビングダイニングも外の通りから丸見えでは天気の良い日でもカーテンを開けっ放しにはできません。

しかも、その微妙な感覚は住む人によっても千差万別ですね。

塀を高すぎると結構嫌な方もいます。

今回も3Dで何度もご確認いただき、更に実際に工事中にも現地で確認いただき高さを決めました。

また、塀が高いと湿気でせっかくのお庭も台無しになるので、湿気の工夫をとても大切になります。

そろそろ天気も良くなってきましたので、植樹すると更に素敵な空間になりますね。

春の気配

 床の間も春の装いになってきました。

 まずは桃と椿の生け花に心が動かされるくらいに

 好きな感じです。、

 また、菱の花器がまた色合いも最高です。

 お雛様の掛け軸との色合いが春らしくて、

 床全体的にもバランスが素晴らしく優しい中にも

 繊細さが感じられます。

手づくりの鍋敷き

昨年末にお引渡ししたお客様から手づくりの鍋敷きをいただきました。(^^)/

現場のごみ箱にあった木くずを使って作ったそうです。

何に使われるのだろうと思っていましたが、廃材がこんなに素敵なものに生まれ変わるとはびっくりです。

こころのこもった素晴らしいプレゼントです。

我々の住まいもいわば手づくりで、みんなで0から一生懸命に作っていくわけですので、我々の心からの手づくりにお客様から同じものをいただいたようでとっても嬉しいです。

ものづくりって本当にいいものです。

カラヴァジオ

カラヴァジオの照明です。

デンマーク生まれのライトイヤーズで人気の照明です。

デザイナーはセシリエマンツ。

このクローズドスタイルのペンダントライトで細部までいい感じです(^_^)v