クリナップSSにミーレ食洗器設置大成功!


新築から17年経過したOBのお客様にミーレをご提案し、クリナップのSSに設置完了です。

約1年4か月お待ちいただいたお客様に本当に申し訳なくようやく設置することが出来ました

待っていただいた甲斐があり、甘口用と辛口用のカレー鍋がぴっかぴっかになるのが感動だったそうです。

今までPさまの食器洗い乾燥機の600mmタイプで一日3回回していたのが、1回で済んでしまうそうです。

少し高いですが、高い以上の満足度です。
是非お勧めです。

この写真は朝食だけの食器で、夜に追加して1回回すそうです。

ただ、クリナップのSSは設置難易度がかなり高いので、事前に必ずご相談をよろしくお願いいたします。

K邸大規模改修が完成しました


お子様も自立して、ご夫婦で快適に過ごしたい

冬暖かく
夏涼しく
地震や災害に構造的にも安心で
無垢のやさしさと快適さ
収納たくさん


夏はあつく
冬はものすごく寒い
じめじめとかび臭く
収納がないので物が片付かない













 

2002年の新築させていただき20年 無垢のナラが素敵です


築20年のOさまから外壁のメンテナンスの相談とタカラスタンダードのキッチン乾燥機交換のご相談をいただきました。

大変ご無沙汰をしており、娘さんのお話と私も20歳の長男が生まれたばかりで、赤ちゃんを抱いて現場に来ていたことなど、懐かしいお話をさせていただきました。

外壁が少しメンテナンス時期を超えているので、お見積のご依頼をいただきました。

廊下のナラ無垢のフローリング

経年変化がとても素敵です。

塗装ではでない風合いです。

20年間で生まれる本物の美しさです。

我々が創りだしたいもののひとつです。




流石にタカラスタンダードのキッチンです。

ステンレスの天板、ホーローの扉、とってもきれいです。

乾燥器が前に壊れてしまい、今回交換のご相談をいただきましたが、機械ものはどうしようもないですね

TOTOのサクア

築35年の脱衣場とお風呂のリノベーションのご紹介です。

2年前のキッチンとリビングダイニングとパントリーや外壁をリノベーションさせていただきましたが、最後に残っていたトイレと洗面脱衣及びお風呂をリノベです。

Mさまのセンスがすごいのは、ただかっこいいやデザインが良いのではなく、
「快適な暮らし」
というテーマの中で、どこまでも快適で、メンテナンス性が素晴らしく、そして

「ふつう」であるかを追求していることにものすごく共感できます(^^♪

高級な洗面台ももちろん素敵ですが、TOTOさんのサクアを少しだけ、チープに見える部分をアレンジして、TOTOの陶器という

最高のメンテナンス性を重視して、

とっても使い勝手がよく、しかも

ふつうに

素敵になったのではないかと思います。


窓は内窓を設置して暖かく、鏡は後ろを壁一面収納にしたために、シンプルに鏡を貼りました。

サクアの3面鏡をはずしたカウンターをタモの造作で制作しております。

床は住宅用ではなく、福祉施設などに使われる高耐久のシートを選んでいます。

お客様で何度も比べられて、かなりの高耐久だとのとことです。
背面の3枚扉を開くと、洗濯機と天井までの水廻り収納になっています。

タオルはもちろんストック品から、下着までたっぷり収納可能です。





扉を開けると洗濯機です。

脱衣場から脱いだものを直ぐに選択できるのですが、

廊下側からも取り出すことが出来ます。




収納の反対側にタオルやストック品などが入っています。

水廻りはたっぷりとして収納があってもよいですね。

浴室の入り口も開き戸をチョイスしました。

最近では引き戸と半分半分ですね。

お掃除のしやすさとバスタオル掛けが人気の秘密です。


お風呂はあったかさとお掃除のしやすさでホーロー浴槽です。

床の磁器質タイルも決め手です。

とっても心配した、壁のキラキラも思ったほど主張しなくてよかったです。

窓は2重サッシにしています。


 

 

27年のメンテナンス依頼

地元の有名な住宅会社さんで新築27年経過の住宅のメンテナンス見積りをご依頼いただきました。

まずは外壁はラスモルタルの上からリシン吹付してありました。

全面防水または、既設外壁の上から新しい外壁を張るかで次のメンテナンス時期が大きく変わってきますし、金額を比較しながら2種類でお見積させていただきます。

屋根はコロニアルです。
瓦だったから更に20年ほどは大丈夫だと思われますが、コロニアルは劣化が激しく、上からもう一度屋根を設置します。

軒裏の珪酸カルシュウム板は、部分的に割れているので、全面張り替えです。

樋は塩ビ製ですので、これも全面取替になります。

破風や鼻隠しは無垢材ですので、塗装塗り替えだけで大丈夫です。

ただ、バルコニーとトップライトも防水のやり直しになり、費用が加算される大きな要因ですね。

アルミ製の玄関戸も交換してほしいそうです。

玄関のタモの薄い合板にウレタンを塗った造作家具はシミだらけでカウンターもやり替えですね。

花瓶などで塗れるところや日差しが強く当たる場所は天板だけでも集成材や無垢材が本当は良いかもしれませんね。

本物の素材でないもの、シート貼りやはり物で工業製品として出来上がったものは20年から30年が限界なんでしょうね。

一番ひどいのは合板のフローリングです。

べらべらと次から次へとめくれていきます

うすい表面のペラペラの板が剥離しており、本来であれば床の全面張り替えが必要ですが、ここのメンテナンスが一番難題です。

とげが刺さり危険ですので、とりあえずテープで止めることをお勧めしました。

張替え、または上から6mm圧の同じような材料を張る方法しか方法がありませんが、キッチンからすべてやり替えになります。

やっぱり床は絶対に無垢がお勧めです。

無垢のフローリングはこんなことになりません。

ただ、無垢材だとしてもウレタン塗装が塗ってあったら台無しですので、是非ご注意を。


お風呂などの水廻りもも交換時期ですね。

27年ぐらいのメンテナンスはやりだしたらきりがありませんが、見積で一つひとつご検討していただきます。

観田創建では、新築時に30年後のメンテナンスが如何に費用がかからないかを真剣に検討して、新築を建築するお客様にフィードバックしております。

その為のキーワードは無垢材などの自然素材や構造材料や建て方の計画ですね。

一軒一軒参考になりますよ。