末永い安心の器ごこち|幅広い知識と確かな技術で、ご家族の安心と安全をデザイン。

ご家族の暮らしを末永く守る。これは住まいづくりにおいて大前提の必須項目です。
地震や災害が多い日本では、特に耐震性や耐久性、安全性が求められます。
確かな技術には精度はもちろん、現場での応用力、そして長年の経験による知恵が育む、匠の技が必要とされます。
日本の伝統的な技術は、世界最古の築1400年の法隆寺が立証する素晴らしいものです。
観田創建には、伝統的な技術を熟知し、最新技術にも精通する職人の精鋭達がいます。
細やかな部分まで手間隙を惜しまない本物の職人技が、心地良い空間とお客様の安心、安全を支えています。

 

伝統技術と最先端技術の融合。

東京スカイツリーの基本構造には、伝統的な技術が応用されています。
時代がどんなに発展しても、本当に良いものは受け継がれてゆくものです。一方、現代の建築技術もめざましく進化を遂げてきました。
スカイツリーも、最先端のテクノロジーがなければ実現できるものではありません。
伝統的な技術と最新技術の融合が、新たな価値を生みます。「古きを温ねて新しきを知る」の精神に似ています。
「古き」を熟知する私たちだからこそ、実現できる多彩で確かな技術があります。技術があるから独創的な発想が生まれます。
観田創建は、地域独自の技術も融合させて、北陸の地で新たな価値の創造を追究しています。

豊かな人生を育む「器ごこち」

 

私たちには、幅広い適応技術があります。

住まいの工法には種類があります。日本古来より継承されている伝統構法、
現在の日本の住まいづくりの主流である木造軸組構法(在来工法)、そして、RC工法(鉄筋コンクリート造)、鉄骨造 等です。
それぞれに長所、短所があります。観田創建では、上記に挙げた4つの工法については信頼と実績がありますが、
お客様との語らいにより、最適な工法を選択しています。
どの工法であっても、特性を最大限活かし、ご家族と住まいを安全に、末永く守り続けます。
私たちは、豊富な知識と確かな技術で、工法の枠を超えた器ごこちをデザインしています。

 

日本古来からの伝統構法を継承しています。

伝統構法とは木を高度に複雑に組み合わせることで、木組みそのもので強靭な耐力と免震力を生み出し、
地震に強く、100年以上の長期耐久性を実現する日本古来からの伝統的な工法です。
連続した大きな空間を可能にするので、デザインの自由度も広がり、より多くの光と風を操ることもできます。
日本の高温多湿な気候に最適で、造形美も美しく、まさに先人が残した素晴らしい文化です。
伝統構法は、機械での加工は難しく、職人の高い技術と手間隙が求められます。
観田創建は、様々な伝統的な継手を日々研究し、日本の伝統と文化を継承しています。

豊かな人生を育む「器ごこち」

 

豊かな人生を育む。観田創建の住まいづくり。
banner_woodybanner_naturebanner_materialbanner_lifebanner_technology