白嶺幼稚園増築工事がもうすぐ完成です


昨年から工事が進んでまいりました白嶺幼稚園さんがもうすぐ完成です。

住宅づくりで培ってきた健康で快適な空間創造や子どもたちの心と身体を育む環境工学を活かした環境づくりを大切にした設計になっているのではないかと思います。

また、先生たちが働きやすいように、子どもたちを見守りやすく、その個性を伸ばす空間づくりを大切にしております。









もろみ蔵をギャラリーに改修


歴史あるお醤油屋さんのもろみ蔵をギャラリーに改修しております(^^)/

10M×16M

当時ではかなり大きな蔵でした。


まずは、古くなって歪んできた構造をボルトで補強していきます。

M16ボルトを12本を貫通させてました。

鉄板を持つだけでも大変です。

材料は地松の梁です。
こんなに大きな地松の梁は初めてです。

大きな蔵の真ん中に斜めに10mの壁を宙に浮かせて作ります。

10Mの材料は入らないので、3本の材料を継いで組み立てます。

その継ぎ手は、金輪継といって、伝統構法で継いでいきます。



10Mのトラス梁ができました。

出来てしまえは、ものすごい技術が隠れてしまいます(^-^;



泥壁を直していきます。

大工も左官もあと何年出来るか心配です。


R204イージーハウスは素材と快適性と使い勝手

R204イージーハウス完成です。

杉 和紙 大谷石 松 ひのき
たも

自然な素材だけで快適な空間をデザインしました。


大切なものしかありません


実用美






壁一面の大きな収納

生活のため

シンプルだから素材が活きる


統括      1級建築士 観田康宏
設計デザイン  1級建築士 奥村公栄
構造・積算担当 
現場担当          阿澄一成
許認可申請   2級建築士 田村美季
3DCAD 図面 2級建築士 田村美季
工事場所/金沢市 
■構造/木造2階建 
■面積/  138.56㎡ 
■竣工/令和2年4月









H3104イージーハウス お誕生日


1年検査を実施させていただきました。

まずは、お客様がいろんな工夫をしながら、便利で快適な空間づくりにいろんな便利なもの、楽しいもの、美しいもの、癒されるものが満載で、お子様とご一緒に楽しく住んでいらっしゃることを実感できて、とっても嬉しくなりました。

また、2階リビング天井の杉板柿渋仕上がとってもいい色合いで、お出迎えしてくれて、すごいいい感じです。
1年たって、さらに良くなっている住まいって、本当に素敵だなあとつくづく痛感しました。









R201イージーハウス外観


住みやすさと快適性、利便性にこだわり

その中でコスト
コストは
建設コスト(イニシャルコスト)
光熱費(ランニングコスト)
耐用性(メンテナンスコスト)
そのトータルで計画することがとても大切です。
お客様のご相談を聴いていると建設費とランニングコストは敏感ですが、メンテナンスコストはあまり考慮されていない方も多いように見受けられます。




平均建て替え年数が32年の理由が、築30年前後で水廻りを中心とした、大改修工事が木造、鉄骨、コンクリート造問わずかかってまいります。しかし、多くの素材や材料の耐用年数が30年未満であると、建設費に近いメンテナンス費用がかかってまいります。
また、最近リノベーションやイノベーションをお客様から仰せつかって感じることは、性能が高い住宅ほど、大きな費用がかかることです。

イージーハウスは高耐久にこだわった、メンテナンスが極力かからない住まいです(^^)



 

〇R201イージーハウスの他の記事はこちらです↓

⌂R201 イージーハウス 暮らしを楽しむ

⌂R201 イージーハウス竣工です

⌂R201 イージーハウス COMING SOON