自然の力はすごい



同じ体積の杉の柱です。
乾燥している木材(含水率13%)と生木の木材とでは
10.5cm×10.5cm 長さ30cmでは500mlの水分が含まれています。
普通の柱1本で300mlぐらいの水分を吸ったりはいたりしてくれます。
無垢の木は天然の調湿器といわれる所以です。

炭や珪藻土のようにただすってなかなか水分を吐き出さない材料も多いのですが、
木はタイムラグや風を当ててなくても調湿してくれることが魅力です。

古来から、天然資源が豊富で、多湿な本州では住まいに木材を使われているのも当然なんですね。

 

大野川の河辺にたつSさま取材


S様も新築して早1年半です。
今日は雑誌の和モダンの取材でお邪魔させていただきました。
幸せで素敵な暮らし、笑顔が絶えない取材になりました。

私まで幸せのおすそ分けをいただいたような気持になりました。



ダイニング


hさまのダイニングに椅子が入りました。
新築して、約2年
訪れるたびにすてきに変化していく姿を拝見して、とてもうれしくなります。
いきなり、すべてコーディネートする住まいもよいですが、家具やお庭など少しずつ整備していく住まいもいいんですね。


大切に住んでいただけることに感謝、感謝です:-D 


無垢の床もかなりよい色合いと艶になってきました。


106イージーハウス 無垢の木



無垢の木の良さって言葉にできるかな?

肌さわり
温もり
段々つやが出てくる
いいにおい
湿気を吸ったりはいたりして、調湿してくれる
目に優しい
化学物質がなく安全
あたたかい
ながもちする
音がまろやか
・・・・・・・・・・
写真では伝わらない良さがありますね(^.^)

お盆までに大規模改修お引渡し出来ました。









築36年の民家をリノベーションさせていただきました。

■キッチン、お風呂、おトイレ、洗面、洗濯干場などの水廻り全般

■リビングダイニング

■主寝室

■収納

を1階に持ってきました。


■キッチンは収納と利便性重視と明るく暖かい場所にしました。

対面型にして、テレビを見ながら家事をできるように、生活の中心にキッチンをレイアウトしています。

食器洗い乾燥機は大人気のミーレです。

■リビング
高齢に備えて、隙間風だらけのすまいを冬温かくするために、羊毛断熱材とサッシで出来るだけ性能を高めたことと、床暖房で安全で快適な空間を目指しています。

寒くて暑い縁側とは部屋の内部にサッシで囲みました。

ただ、仏間を兼ねたお座敷はそのまま残して、親戚がたくさん集まった時には襖を開放します、

■お風呂と脱衣場

お風呂には暖房器と脱衣場兼洗面には床暖房を設置しました。

暖かい場所でお化粧や身支度ができます(^’^)