R201イージーハウス外観


住みやすさと快適性、利便性にこだわり

その中でコスト
コストは
建設コスト(イニシャルコスト)
光熱費(ランニングコスト)
耐用性(メンテナンスコスト)
そのトータルで計画することがとても大切です。
お客様のご相談を聴いていると建設費とランニングコストは敏感ですが、メンテナンスコストはあまり考慮されていない方も多いように見受けられます。




平均建て替え年数が32年の理由が、築30年前後で水廻りを中心とした、大改修工事が木造、鉄骨、コンクリート造問わずかかってまいります。しかし、多くの素材や材料の耐用年数が30年未満であると、建設費に近いメンテナンス費用がかかってまいります。
また、最近リノベーションやイノベーションをお客様から仰せつかって感じることは、性能が高い住宅ほど、大きな費用がかかることです。

イージーハウスは高耐久にこだわった、メンテナンスが極力かからない住まいです(^^)



 

〇R201イージーハウスの他の記事はこちらです↓

⌂R201 イージーハウス 暮らしを楽しむ

⌂R201 イージーハウス竣工です

⌂R201 イージーハウス COMING SOON

 

4月4日春のリフォーム相談会を開催いたします

2020年第四回目のおうちの無料相談会の日が決定いたしました!

今回はテーマを「リフォーム相談会」として開催することになりました。

お時間がございましたらぜひお気軽にご参加ください♪


日時:2020年4月4日   土曜日 ①10:00 ~ 12:00 

                 ②13:30 ~ 15:30

                 ③17:00 ~ 19:00

場所:株式会社観田創建(キッズスペースもありますのでご家族皆様でご来場いただけます!)

連絡先:TEL 076-267-5656 / mail info@k-souken.jp


お住まいの新築、増改築についてやお住まいでお困りのことはありませんか?

ほとんどの方にとって家は一生に一度の高い買い物であり、また暮らしの大切なベースです。

「失敗しない家づくり」

「建てた後も安心して暮らせる家づくり」

を行うにはどうすればいいのでしょうか。

住まいは家庭生活を営む機能と、ご家族の心と体を労り

そしてこころを育む環境を併せ持つ

とても重要な役割を担っており、慎重に計画することが大切です。

私たちはお客様との語らいを大切に、

50年、60年と永く愛着を持って住める家づくりを丁寧に行っています。

当日は実際に使用している床材や断熱材、構造材等も見て頂けます。

住まいのこと、土地や資金計画など

お住まいのことはなんでもご相談いただけると幸いです。

新築をお考えの方も、是非ご相談を頂ければと思います。

また、4月4日以外の日程でも相談会を行えますのでぜひご相談ください。

皆様からのご連絡お待ちしております♪

トイレの神様?


トイレが清潔な住まいは家族が繁栄するそうです。

昔からの言い伝えですし、トイレの神様という歌もありましたが、最近はなるほどと思うことが多くなりました。

玄関やトイレをいつもきれいに清掃していると
①気づくことが多くなる。気づくことが成長の第一歩! 自分に気づく、良いことに気づく
②謙虚になるそうです。
③感謝や配慮が生まれるそうです。
④どのように掃除したらもっときれいになるか、早くきれいにできるかなどの創意工夫の力がつく。

つまり人間性が高くなるんですね。

我が家のトイレもきれいにしなければなりません(^-^;

廃材が生き返る


友人からいただいたケヤキの耳付き一枚板
どこか使えませんでしょうかという相談からでした。
キッチンカウンターには短いし、ご相談の結果、リビングの書斎コーナーのカウンターになりました。

今はマックとリクライニングチェアーと漆喰とつながり、素敵なインテリアに代わりました。

廃材が場所を変えて生き続ける。



書院付きの和室が寒かったので、思い切って暖かい主寝室にリノベーションしました。

そこにあった書院の欄間をお化粧コーナーの明かり窓に再利用できました。




書院の建具は2階の階段ホールに利用しました。
ちょっとしたカフェコーナーができました。

ソファーも昔のままです。

床は無垢のならフローリングに植物性オイルのリボスカラーを塗っています。




築50年 O様邸 大規模リノベーション


築50年近いお住まいをリノベーションしました。

寒いお部屋を断熱材を入れ替えて今の新築基準にして、床暖房を入れました。

すごくあったかくて大満足とのことでした。



古き良きところもしっかりと残し、便利で快適性と受け継いでいくものを考えるきっかけになりました。

住む

暮らす

一軒一軒考えさせられます。