無垢の杉板を型枠にした打放しの塀



自社の看板用に、杉の浮造り板を型枠にしてコンクリート塀を創ってみました

冷たいコンクリートの表情を木目のやさしい表情にしてみました。

従来のやり方を変えて、思い切って新しいやり方や材料で挑戦してみました。

この塀に、観田創建の看板を設置して、完成です。






コンクリートを慎重に打設しています。

バイブレーターが杉板にあたると傷ついてしまうので、要注意です。

杉板を一枚一枚目地を合わせていくのが、実はとっても大変です。

型枠をはがしたときにコンクリート表面が



コンクリートのベースの上に、杉板のパネルをもとに型枠を立てていきます。

看板用の電気配線を設置しました。


杉の型枠がきました。

もう少し木の節があってもよかったかもです。


コメントを残す